上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またしばらく更新さぼってしまった
改めて、マメに更新している人はすごいな~なんて思いました。


前記事で、メスを失い元気がないと書いたRAO-GA。
このまま死を待つのか、なんて思っていましたが・・・
先行羽化した国カブ♀を同居させた途端、シャキーン
追いかけまわして動く動く!木にも登る登る!!飼い主に似ました(笑)

その後、羽化した国カブ♂も入れましたが、オスには牙をむき、角曲り個体が翅までおかしくなってしまいました。
ここで同居終了

ピンボケですが、これが角曲り♂
IMG_0090_convert_20130618001823.jpg
IMG_0092_convert_20130618001840.jpg
隣のオス蛹とくっついて蛹室をつくっていたからか、水分不足か。



その他の個体
IMG_0096_convert_20130618001908.jpg
IMG_0097_convert_20130618001930.jpg
IMG_0099_convert_20130618001948.jpg
IMG_0101_convert_20130618002007.jpg
IMG_0103_convert_20130618002027.jpg


ぞうさん、ついに後食開始!!
IMG_0075_convert_20130618001613.jpg
IMG_0074_convert_20130618001555.jpg
IMG_0073_convert_20130618001539.jpg
IMG_0068_convert_20130618001523.jpg
やっぱり初めて羽化させたオスはいいですね例え120mmでも(笑)


そして12日にペアリング!!
IMG_0114_convert_20130618002120.jpg
IMG_0115_convert_20130618002136.jpg
IMG_0113_convert_20130618002101.jpg
IMG_0111_convert_20130618002044.jpg
ハンドペアリングは3回目にして初性交、いや初成功
オスが交尾器出して尻を動かすときって、「シュゴッシュゴッ」てすごい音出すんですね、
全然知りませんでした。
メスも「スゴイッスゴイッ」て言ったことでしょう(笑)失礼しました。

IMG_0125_convert_20130618002231.jpg
後半30分はこの体勢のまま♂♀ともピクリとも動きませんでした。計1時間30分の交尾。
きっといい卵を産んでくれることでしょう。



オオクワ♂3匹目羽化
IMG_0079_convert_20130618001646.jpg
IMG_0080_convert_20130618001703.jpg
IMG_0082_convert_20130618001720.jpg
サイズは70mm。親超えならずですが、個人的には国産オオクワはこのサイズでも充分です。



そして久しぶりに飼育部屋にコバエが・・・
ついにRFマットからコバエが出たか!?と思いましたが。

IMG_0076_convert_20130618001630.jpg
放置していた菌糸カスが出所でした。おいしそうなきのこの山(笑)
RFマットのコバエゼロ記録更新中です。



では


今朝、ほとんど動けなくなっていた♀。
仕事から帰ったら、やっぱり☆になっていました
2012.8上旬羽化なので、約10か月の命。
卵を40個強産んでくれて、ほとんどオスと同居生活。なかなか長生きだったんじゃないでしょうか。
お疲れ様でした。ありがとう!!

で、写真撮ろうと思ったんですが、オスがずっとメスの上に覆いかぶさって見えません。

IMG_0064_convert_20130528222238.jpg
夕方の図。

IMG_0074_convert_20130528222336.jpg
夜。

メスが全然見えませんが。
カブトムシも、長く一緒にいた相手がいなくなると悲しいんですかね。
見ていて泣きそうになりました。
自然界では同じペアでずっと長くいっしょにいることはまずないでしょう。
飼育下で、同居ならではの光景なんじゃないかと勝手に思っています。

普段は、ヘラクレスなどの大型種だとどうしても「大きな」幼虫・「立派な」成虫とか、
そんなことばっかり考えがちになってしまいますが、こういう感動も忘れないようにしたいです。



そのペアと同じ水槽には、
IMG_0068_convert_20130528222254.jpg
IMG_0070_convert_20130528222320.jpg

国カブ羽化第1号・2号♀が同居始めました!!
ちゃんと写真撮ってませんが、どっちも超小さい・かわいいカブトです
ちょっと上翅が緑が濃くて、小さいのでカブト?て感じ。

国カブだと大きさなんか全然気になりませんね。
暑さにも強いし、飼育も楽だし、癒しのカブトです。
今後も我が家では続々と羽化予定です。



IMG_0076_convert_20130528222413.jpg
IMG_0075_convert_20130528222358.jpg
IMG_0077_convert_20130528222426.jpg
この間、食痕が全然出ない菌糸ビンを掘ったらど真ん中で居食いだった幼虫。
ちなみに1400cc菌糸ビン。結構大きいでしょう?
上に出てきていました。もう菌糸ビンないし、もう後は蛹化・羽化だけだろうから。

IMG_0079_convert_20130528222441.jpg
国カブが羽化したブローに入れました。体重測ればよかった
もう大きく羽化する可能性があるのはこの幼虫だけなので、何とか無事に


では


ケースの外から3令幼虫が見えたので、そろそろいいかなあと・・・。
初期にふ化した6匹だけ雌雄判定&測定。
結果は、3令は2匹だけで、まだ2令でしたまだ早かったかな。

2月孵化の幼虫たち。時期ははっきりしないので、「2月」とだけ。

IMG_3-20g
セルロース+ホダ粉砕添加組。3令です。♀

IMG_4-14g
セルロース添加組。同じく3令。♀

IMG_5-1-16g
IMG_5-2-16g
トレハロース添加組。仲良く2令・16g。

IMG_6-5g
乳タンパク添加組。2令・拒食

IMG_7-17g
セルロース+ホダ+牛糞堆肥。2令。
堆肥は、その時マットが不足していたので、増やすために入れただけです(笑)



初令から添加剤を入れてましたが、意外と大丈夫な感じですね。
乳タンパクで拒食が出ましたが、まだ1匹だけなので、添加剤か個体差かまだわかりません。
残りのグループの測定でだんだんわかってくるかな?

我が家にはそれ程多くの幼虫はいないので、実験の結果がどれほど役に立つかはわかりません。
本当はたくさん飼育している方がこういう実験をやっていただけたら助かるんですがね。
ミスケさんが色々試しているのは、とても参考になります。

IMG_0050_convert_20130526221439.jpg
今回の幼虫たちは、RFを無添加で追加・交換しました。



IMG_0065_convert_20130526221531.jpg
RAO-GA。2012.8羽化。最近はずっとこの辺り(床の木の上)にいます。
あんなに木の上が好きだったのに、もう全然登りません。さすがに元気ないなあ。
木の上にエサを置いても全然食べません、もうおじいちゃんですもんね。
メスもほとんど潜っています。


IMG_0063_convert_20130526221458.jpg
IMG_0064_convert_20130526221517.jpg
オオクワペアはまだまだ元気です。もうすぐ2年になります。
写真忘れましたが、オスは大アゴがゼリーの容器を貫通して、抜けなくてもがいてました(笑)


IMG_0068_convert_20130526221546.jpg
こちらは、ベランダで野菜を育てるために購入しました!
廃マットを何とか有効に活用しようと。
去年は廃マットを国カブに食べてもらおうと、たくさん産ませましたがムダでした。
いくら国カブが廃マットでも食べるとは言っても、残さず全て食べてはくれません。
廃マットが更に劣化するし、あんまり数を増やし過ぎてもスペースの問題が・・・。
今回は、この野菜の土と混ぜてベランダ菜園に挑戦です
今まで花や植物の栽培には興味なかったんですが。
これを機会に趣味が増えたらいいなあ~。


では


先月にマルスの測定&雌雄判定やりましたが、時期を間違えてまだ2令だったのでよくわかりませんでした。よってやり直し。
ついでに測定もやりました。これでしばらくは放置します。


IMG_marusu27g1-1_convert_20130525001810.jpg
IMG_marusu27g1-2_convert_20130525001827.jpg
28g♂。カメラの腕あがらず


IMG_marusu28g-1-1_convert_20130525001841.jpg
IMG_marusu28g-1-2_convert_20130525001855.jpg
27g♂。何故か横向きに


IMG_marusu28g2-1_convert_20130525001912.jpg
IMG_marusu28g2-2_convert_20130525001940.jpg
28g♂。


IMG_marusu29g1-1_convert_20130525001956.jpg
IMG_marusu29g1-2_convert_20130525002012.jpg
29g♀。


IMG_marusu34g1-1_convert_20130525002032.jpg
IMG_marusu34g1-2_convert_20130525002048.jpg
34g♀。


IMG_marusu43g_convert_20130525002133.jpg
43g♀。頭撮り忘れ。また横向き(笑)



ミスケさんが頭幅でかいと言っていましたが、確かにでかいです!
きっちりとは測ってませんが、6匹中5匹は18mm前後ありました。
雌雄判定の結果は前回と同じ2♂4♀。・・・こう書くといかにも前回が当たっていたみたい。
本当は2匹ほど違ってました(笑)数のつじつまは合ってますが。
多分、今回の判定は合ってると思います。ミスケさんありがとう!!

1匹だけ頭小さ目だったのは、画像最後の43gメスでした。
メスで頭小さくて体重最大・・・こういう個体はさっさと太って、さっさと蛹化するんでしょうか。
この個体の容器だけきのこがモリモリ伸びてました。
きのこ育つほどマット状態よかった?きのこ食べて太った?(笑)



オス2匹はそれぞれNC11(アステージ11)へ。キャラハンさんの真似してみました。
私のような初心者はまず、上手な人の真似して、その中で自分に合ったものを残しつつ、
自分で色々試してベストな飼育法を探っていくのがいいかなと。

メスは引き続き2Lブローで様子見です。


では


RF血統GTB-SR
2012.6孵化 前回2月13日 76g
GTB-SR1-2

GTB-SR1
今回5月15日 93g


前回80g
GTB-SR2
今回84g


かぶきちさん血統♂
2012.6孵化 前回2月26日 97g
IMG_kabukichi_convert_20130518234509.jpg
今回5月15日 102g

相変わらず幼虫飼育下手くそです
なんせ我が家初の100gオーバーですから。
GTBの最初の方はまだマシかな?
今回84gの方はメスのようです。

見た感じでは、GTBが細長い・かぶきちさんのががっちり。
どちらの血統も孵化から11か月、もう今後はちょっとずつしか成長しないでしょうね。
ミスケさんのところは大きく成長していたので、早期蛹化でも立派な蛹になっていますが・・・
我が家の場合、羽化まで長く引っ張れてもせいぜい普通の成虫に。
早期蛹化なんてことになったら、悲惨な結果になってしまいます。
がんばって幼虫期間長く引っ張らないと!!・・・ていうか早期逃げ切りやってみたい




IMG_0053_convert_20130518234424.jpg
RAO-GA×VラベルーN48の産卵セットから。8匹いました!

IMG_0054_convert_20130518234438.jpg
(笑)


私にとっては十分必要な数を産んでくれました。お疲れ様!!!
最近は食欲も落ちて、潜っていることが多くなってきました。
オスは相変わらず交尾をせがんでは、逃げられています(笑)
長生きしてもらいたいものです。


IMG_0055_convert_20130518234455.jpg
こちらは最初の産卵分のなかで、唯一まだ孵化も死にもしない卵。
白く丸く膨らんだまま現在に至ります。
無精卵とかダメ卵だったらしぼんできますよね?
全然変化ないので、このまま様子をみます。



IMG_0049_convert_20130518234351.jpg
最後に、15日に羽化した今季国カブ第一号!小さい♀です。
ほぼマット上で蛹化した個体だったので、羽化=自力脱出?でした。
2日後に潜っていきました。休眠中です。順番あべこべです(笑)

これから続々と羽化してくるであろう国カブたち。
容器&貰い手を確保しないと


では
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。