上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.10 アホな妄想
今回の記事は、カブクワの飼育とは直接は関係ありません。
なぜか突然浮かんだ、下ネタ交じりのアホな妄想なので、
興味のない方はどうぞ、「戻る」又は「閉じる」をクリックして下さいませ(笑)

























私たちカブクワ大好き人間は、様々なことを考えたり、試したりしながら
日々、カブクワ飼育に勤しんでいます。
やれ大きく羽化させたい、太くしたい、マットはどうだ、ケースは・ゼリーは・・・などなど。

私がふと浮かんだのは、もし立場が逆だったら・・・



1、幼虫飼育

飼い主によって、それぞれ様々なマットを与えられます。
おいしそうな高級マットだったらラッキー!!しかし!!・・・
もしあなたが国カブ幼虫だったら?

安物マットならまだマシかもしれません。
ヘラクレス等で出た廃マット、コバエ・線虫・ミミズが湧いた廃マット オエッ

しかも狭い小ケースやブロー容器に多頭飼い・・・いっそ殺してくれ~


厳しい季節もあります。
飼育環境が整った飼い主ならいいですが、そうでないと・・・
夏は気温上昇→マット再発酵→灼熱地獄です。サウナです。
冬は凍える寒さ+乾燥地獄が。


仮にあなたがヘラ幼虫だったとしても、大きく成長できなければ・・・
ひと山いくら、みたいな感じでオクに出されます。


2、蛹化・羽化

人は、ヘラクレス♂だと、胸角が曲がらないようにあれこれ工夫します。
角曲りがない方が格好いいし、価値も高いからです。
ここであなたは、何故か人間として飼われています。
(1ではカブトだったのですが、そこは妄想、気にしない)
ヘラでいう角が、人間のナニだとします(無理やりです)。

飼い主は、あなたのちOこが曲がらないようにあなたの両手を縛りました。
そう、曲がる原因といえば、アレだからです(笑)

悶々としたまま、なんとか羽化!(カブトに戻りました(笑))
とりあえず疲れたのでゆっくり、と思っていたら・・・
蛹室から掘り起こされました

苦労してつくった寝室を破壊され、たたき起こされ、ぶち切れ寸前です。
なのに、もしあなたの角が短かったり、体が小さかったりしたら・・・
「小せえ~」だの「短けえ~」だのと、罵声を浴びせられます。
ここでぶち切れたことでしょう。

長角だったり、体が大きかったら、ツイています。
バナナや、栄養価の高いゼリーを食べられます。
ブリもきっとしてもらえます。

そうでなければ・・・安いゼリーばかり与えられ、ブリもなし。
ケース越しに他の♀を見つめながら、悶々としたまま☆になるでしょう。


3、ペアリング

いよいよ!ペアリングです!!しかし、あなたに相手を選ぶ権利はありません
多くの飼い主は、大きめの♀をあてがうでしょう。
飼育上級者の方は形や、同腹に大型が出ている♀を選ぶらしいですが・・・
きっとその中の大き目を選ぶでしょう。
つまり、どのみちデブをあてがわれるのです。きっつ~(涙)

これも、他人ならまだマシです(違うかな?)。
インブリ派の飼い主ならば?姉・妹・いとこ・おば・・・のデO
もう目も当てられません。

交尾を拒否してもダメです。
ハンドペアリングと称して、無理やりやらされます。


飼い主の中には、交雑を試みる人もいるかもしれません。
ここで、「金髪もたまには」なんて思ったあなた!!甘い!!!
あてがわれるのは、ハリウッド女優のような♀ではありません。
きっと、ビヨンセの物まねをする渡辺O美のような♀なのです。




4、戦闘

恐ろしい?ペアリングも何とか終えました。
しかし、安心するのはまだ早い!!
虫同士戦わせるのが好きな飼い主もたくさんいるでしょう。

あなたがヘラ、もしくはコーカサス、外産ヒラタなどなら、まだいいでしょう。
もし、国カブだったら・・・

oVSヘラ・・・ほとんど勝ち目はありません。豪快にやられるでしょう。
最悪、☆に。

oVSコーカサス・・・上に同じ。串刺しの可能性あり。=☆

oVS外産ヒラタ・・・☆になるのは必至。最初うまくかちあげが決まるかもですが。
致命傷を与えることはできないので。逆襲→まっぷたつ。又は体に穴が。
アルキデス短歯なんかだったら、超痛いまま☆

いきなり総合格闘技のリングにあげられて、ノールールで試合するようなもんです。


5、運よくあなたは大きく美しい成虫に羽化しました。
しかし!!・・・最悪な運命が待っていました。
あなたはある人に購入されていきました。その人の目的は・・・

標本作りでした。きれいで、体が縮む前に〆られます。
これぞ地獄です。



ちなみにあなたが凶暴なクワなら、同居の際に両手を縛られます。
これは生き地獄です(笑)
(ドMな人なら嬉しいのかな?)




と、こんな感じの妄想劇場でした。
最後まで読んだ方、きっと後悔したことでしょう(笑)



幸い、私たちは人間です。
カブクワ飼育するからには、とことん楽しみましょう!!(←言う権利なし



では






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mybluebeetle1669.blog.fc2.com/tb.php/63-3f2a4a0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。